挙式についての情報が満載

近年、結婚式のスタイルとして「和婚」が注目されています。
一般的な式というと、チャペルや教会でウェディングドレスを纏う姿がイメージされやすいですが、 和装で式を挙げたい、と考えるカップルも増えてきています。
ですが一方で、興味はあるものの知識がなく一歩踏み出せない、という方も多いのではないでしょうか。
今回は、和婚の中のひとつのスタイルである「仏前式」について、その魅力や具体的な式の挙げ方をご紹介します。

仏前式結婚式のやり方

仏前式結婚式のやり方 仏前式を挙げる場所は、新郎新婦いずれかの宗派に基づくお寺であることが一般的です。
つまり、新郎新婦どちらかがそのお寺の宗派・信徒であることが前提となります。
但し近年の仏前式の流行に伴い、宗派に関わらず式を挙げられるお寺も増えてきているため、気になるお寺はあるものの信徒でない、という場合でも事前に一度相談してみると良いでしょう。
他にも一般的な結婚式と異なる点があります。
例えば、仏前での式を行う場合は参列者を親族のみ、と限定することが基本となります。
当日友人や会社の関係者など、親族以外を参列させることは難しい場合が多いため予め注意しましょう。
結婚式のスタイルに迷われている方々、ぜひ参考にしてみてください。

結婚式の「仏前式」で耳にする因縁って何なの?

結婚式の「仏前式」で耳にする因縁って何なの? 「仏前式」は日本古来から行われてきた、結婚式の在り方のひとつです。
馴染みが少ないという人も多いかもしれませんが、一昔前まではポピュラーな結婚式のひとつでした。
「仏前式」では仏教の教えに基づいて挙式を執り行いますから、因縁という仏教用語を耳にすることになります。
この因縁とは、決して悪い意味ではありません。
「この結婚は前世から決められており、先祖と仏の慈悲で成立した」という仏と先祖との縁を因縁と表すのです。
このご縁に対する感謝の気持ちを伝え、来世までの結びつきを誓うことこそ式の大きな意味となります。
仏教を深く信仰している人や僧侶の関係者などが、近年では「仏前式」を行うと言います。
仏の前で来世までの縁を誓い、今日の良き日を迎えられたことを先祖の報告すると聞くと、結婚式として相応しいスタイルと思えてきます。
お香や本格的な雅楽とお経などは、より神秘的で厳かな気持ちにさせてくれるでしょう。
通常のウェディングチャペル式や神前式とは違った良さがあり、さらに比較的手頃な価格で行うことが出来るというのも、仏式の結婚式の優れた点です。
芸能人が一時期積極的にこの方式で挙式を挙げたため、人気もあります。
まずは一度検討してみるのも、良いでしょう。

もっと結婚式場情報を知りたい

神戸で結婚式を挙げる

新着情報

◎2020/8/24

宗派の違いに注意
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

参列者が気を付けること
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 仏前」
に関連するツイート
Twitter